プロフィール

★あくび★ちゃん

Author:★あくび★ちゃん
★ファミリー★
夫と子供二人(男と女)
パピヨン♂
ケズメリクガメ♀

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

へんなおばさん 来た

いきなり 寒気から始まり 高熱が出たので(熱のみ) 
病院に行ってきた。

先生  「熱が高いので インフルエンザの検査をしましょう」
私    「あのうわさの痛いやつですか?」
看護師 「そうですね。めん棒でする検査です。」
私    「一応 注射しているので 違う気がしますが。」
先生  「かかる人は かかりますので。」
私   「インフルエンザにかかったことないんですよ。」
などと どうにか 検査を逃れたく わけのわからないことを
言ってしまった私だが 無駄な抵抗に終わり
長いめん棒は 私の右鼻の奥へと グイグイ 押し込まれた。

痛い。
ものすごい痛い。
鼻血が出そうな痛さ。
涙もじわっと。

先生  「10分で結果が出ますので 待っててください。」
私   「痛いですね。すごく痛い。拷問みたいですね。」
先生   「・・・・・・・」
ってな感じで 検査は終了。

結果は・・・・。
先生  「違いましたね。」。
私   「やったーよかったです」 と ガッツポーズをしてしまった。

まぁ 子供がいるから 検査はしてよかったとも思うが
あの痛さが ムダだったような気がして いまひとつな気分。
そして 授乳中でも 飲める薬を処方してもらって 帰ってきた。
薬を飲むと あっという間に 熱は下がったので よかったが。

今 振り返ると 先生も へんな おばさんが来たとか思ったかな。


最近 1歳2ヶ月の 娘は 洋服を着たがる。
それは それは おもしろいくらいに。
今 服着てるのに 自分の服を 部屋の中で見つけると 
必死で着ようとする。
自分で着れないのに。
でも どうにか 肩には かけられるらしく
彼女の肩には 常に チュニックや タイツや 毛糸のパンツが
かかっていて そのまま 遊んでいる。
ものすごく 笑える。
上の息子のときは 全くなかったことで
こんなとこで 男女の差を感じる。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。